t m s

クイック検索 : "" を含むもの

アーティスト

アルバム

楽曲

キーワード

全てのキーワード(たくさん付けられているキーワードほど大きく表示されます)

イメージカラー検索

アーティストからの告知

木霊5th アルバム『また明日』発売記念ライブ(アコースティックセット)
2012.1.7 at レストランのや (札幌市中央区北二条東11丁目23-14)
start 18:00
1,500円(要1ドリンクオーダー)
act... curly girly/ドライヴ/木霊

Scoop up an essence
2012.1.15 at SPIRITUAL LOUNGE (札幌市中央区南2西4丁目10番地LCビルB1F)
open18:00 start18:30
adv:1,500円 door:1,800円(別途1ドリンクオーダー500円)



ディスコグラフィ


このアルバムを試聴する

また明日

リリース : 2011/12
配給会社・レーベル :
本作『また明日』は、2011年12月に札幌のロックバンド『木霊(こだま)』により発表された3枚目のCD音源。バンドは1989年に本田(ボーカル・ギター)とハッチ(吹きモノ)を中心に結成され、4年後に井田(ベース・コーラス)、さらに7年後にブッチ(ドラム・コーラス)が加入することで、(長く彼らの活動を知る人々が「最強の」と形容する)現在の布陣に至っており、本作は、その20年以上のキャリアを通して作られてきた楽曲から厳選されただけあって、時間の移ろい・光・闇・絶望・希望などを内包した様々なトーンの歌世界に満ち満ちていて、さらにそれを、メンバー各自が持つロック・ジャズ・フュージョン・クラシックなどの素地から紡ぎだされるサウンドががっちり支え、うねらせ、拡散させている。リズムも変拍子だったり8ビートだったりとまことに多様で、それらは常に、とても地に足の着いた音楽的な音楽なのだが、掴もうとすると指の隙間からフワッと抜け出してしまうような浮遊感を持つ。その在り様はバンド名である木霊=樹木に宿る精霊(Wikipedia)をイメージさせるに難くない。最新にして集大成的音源でもある本作は、過去と向き合った上で、笑顔で「また明日」と言ってくれているかのような快作であり、私が彼らと近しい者であるという、ある種のひいき目を抜きにして、一聴の価値があると思う。 2011.12.3 KAGE稲荷

プロフィール

1989年1月本田とハッチにより結成。その日に初ライブ。1990年1st TAPE『生きる』リリース。その後、井田(bass)が参加。2ndTAPE『遠くから聞こえてくる』リリース。その後ブッチ(drums)が参加。CD『華』リリース。今日に至る。

メンバー

本田 正彦 ( ボーカル , ギター ) 竹田 "hutch" あつし ( フルート , サックス ) 井田 征博 ( ベース , コーラス ) 飯渕 "butti" 修司 ( ドラム , コーラス )

全ての楽曲のイメージカラー

全ての楽曲のキーワード

このアーティストへのコメント

 

monstarにしているリスナー